i-Smile|仮定ですが今このとき…。

リーディングのレッスンと単語の覚え込み、両者の学習をごちゃ混ぜでやるような非効率なことはしないで、単語の暗記ならシンプルに単語だけ一息に頭に入れてしまうとよい。

デイビッドセインでも、有名な英語能力テストであるTOEICは、決まった間隔で実施されるので、ちょいちょい試験を受けることができませんでしたが、CASEC(キャセック)ならばインターネットを用いてしょっちゅう挑戦できる為、TOEICのテスト前などの力試しに最適です。

いわゆる英会話の場合、リスニング(ヒアリング)の力と会話できる能力は、特殊な状態にだけ用いることができれば良いわけではなく、あらゆる全ての話の筋道を埋められるものである必要がある。

仮定ですが今このとき、難易度の高い単語の暗記に苦労しているとしたら、早々にそんなことは取りやめて、実際的にネイティブの人間の話の内容を正確に聞き取ってみることだ。

暗記していればやり過ごすことはできても、何年たっても英語の文法そのものはできるようにならない、暗記よりも自ずと認識して全体を考察できる力を手に入れることが大事です。

 

どんなわけで日本語では

英語でしばしば使用される「Get up」や「Sit down」と言う際に、二語を離して「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」とくっきりと発音するものなのか?こういった語句は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音する方が正しいのだ。

ある英語スクールでは、連日行われる段階別のグループ単位の講座で英会話の講義を受け、そのあとの時間に英語カフェにおいて、英会話練習をしています。学習してすぐに実際に使ってみることが必須なのです。

世間一般では、英語学習という点ではディクショナリーを効果的に用いるということは間違いなく有意義なことですが、事実上、学習において初期段階では辞書を使い過ぎない方が早道なのです。

アメリカの会社のお客様電話相談室の大部分は、実際はフィリピンに存在するのですが、電話の相手のアメリカの顧客は、その相手がまさかフィリピンにいるとは想像もしていないと思います。

評判のVOAは、日本人ビジネスマンの英会話を学んでいる人達の中ですごく著名で、TOEICで高めの得点をターゲットにしている人たちの学習素材として、広範に取りこまれています。

 

通常、幼児が言葉を会得するように英語を自分のものにしていくという表現をしますが

幼児が誤りなく会話できるようになるのは、本当はいっぱい聞き取ることを継続してきたからなのです。

こんな意味だったという会話の文句そのものは記憶にあって、そのフレーズを頻繁に聞く間に、その曖昧さがゆるゆると手堅いものに変化するものです。

英会話の練習はスポーツのエクササイズと同様で、自分で話す事ができるような内容に近いものを見つけて、聞いたまま口にすることで鍛錬するということが何にも増して大事な点なのです。

話題のヒアリングマラソンというのは、聞き取ることだけではなく、聞いたままに話すシャドウイング、「聞いたことを書き出す」ディクテーションなどの勉強にももちろん流用できるので、様々に取り纏めながらの勉強方式を推薦します。

スピーキングというものは、最初のレベルでは英会話というものでちょこちょこ使われる標準となる口語文を体系的に呪文のように繰り返して、脳みそではなく自然と口に出てくるようにするのがかなり有効とのことです。

一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会