i-Smile|親しみやすい『ドラえもん』の英語バージョンの携帯アプリケーション「ドラえもんイングリッシュコミックス」なんかも登場しております…。

「必然的に英語を話す、外国へ行く」とか「英語を母国語とする知人を作る」とか「イギリスやアメリカの映画や、英語圏のミュージックや外国語のニュースを聴く」というような方法があるが、とにかく単語自体を大体2000個くらい覚えるべきでしょう。

 

デイビッドセインでも、ロールプレイングや対話など、集団だからできる英会話クラスの良い点を活用して、先生との対話だけでなく、クラスメイトの皆との英語会話からもリアルな英会話を学ぶことが可能なのです。

英語の学習は、とりあえず「英文を解釈するための文法」(文法問題に解答するための学校の勉強と別の区分としています。)と「最低限の基本語彙」を暗記する意欲が絶対に外せません。

NHKでラジオ放送している英会話の番組は、いつでもPCを用いて視聴することができて、ラジオの英会話番組の中でも人気が高く、無料の番組でこうした緻密な内容の教材はございません。

スピードラーニングという学習メソッドは、収録されているフレーズそのものがすばらしく、英語を話す人間が日常生活中に言うような会話表現が基本になって作られています。

 

いわゆる英語の箴言

ことわざから、英語を自分のモノにするという手順は、英語の勉強を長きにわたり持続するためにも、必ず役立てて欲しいのです。

さっぱりわからない英文が含まれる場合があっても、タダの翻訳サイトや辞書が掲載されているサイトを使うことで日本語化可能なので、そういったサイトを見ながら勉強することをご提案します。

おすすめできるDVDの英語練習教材は、英会話に必要な発音と聞き取りをUDA式の30音でトレーニングするものです。30個の音を発音する際の口の動きがとってもやさしく、実用的な英語力そのものが確実に身に付けられます。

英語というものには、「反復」のリピーティング、シャドウイング方式、音と文字のずれをなくすディクテーションなどの多種多様な効果の高いメソッドがありますが、初級の段階で欠かせないのは、徹頭徹尾聞くというやり方です。

ヒアリングマラソンというのは、リスニングのみでなく、いわゆるシャドウイング方式、書く方のディクテーション方式などの学習をする場合にも効果的なので、様々な種類を混ぜ合わせながらの学習方法を進言します。

 

何かをしつつ英語を聞き流す事も

とても大切なことなのですが、1日20分位完全に聞き取るようにして、会話をする学習や英文法を学ぶことは飽きるまで聞くことをしてから行いましょう。

親しみやすい『ドラえもん』の英語バージョンの携帯アプリケーション「ドラえもんイングリッシュコミックス」なんかも登場しております。ですので効果的に使うと意外なほど勉強のイメージだった英語が身近になるのでおすすめです。

英語放送のVOAは、日本人ビジネスマンの英語を勉強する人たちの間で驚くほど流行っており、TOEIC650~850点のレベルをチャレンジ目標としている人たちの勉強材料として、世間に広く取りこまれています。

とりあえず最初に簡単な直訳は捨て去り、欧米人の表現方法を倣う。日本語の思考法でなんとなく文章を作らないようにすること。日常的な言い回しであれば、その分日本の言葉をそのまま変換しても普通の英語にならない。

音楽のようにただ聞くだけの英語シャワーの水浴びだけでは聞き取り能力は変わらないのです。リスニング才覚を成長させるためにはやっぱり、十分すぎるくらい何度も音読し発音することが大切なのです。

公益社団法人日本工業英語協会

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です