i-Smile|漫画『ドラえもん』の英語版携帯アプリ「ドラえもんイングリッシュコミックス」etc.も作られているから…。

意味することは、フレーズそのものが確実に認識できる段階に至ると、フレーズ自体をブロックで頭の中にインプットできるようになるのである。

スピーキングする訓練や英文法の学習は、何よりもよくヒアリング練習をやり終えた後で、いわゆる暗記にこだわらずに英語に慣らすというやり方を取り入れるわけです。

i-Smileなら、英語に親しんできたら、頭で考えて文法的に変換しようとしないで、情景に置き換えてとらえるようにトレーニングしてみて下さい。そのことに慣れてくれば英会話も英語の読書も把握する時間が相当スピードアップできます。

オーバーラッピングというやり方を実行することによって、聞き分ける力も改善される訳は2個あり、「発音できる音は聞き取って区別できる」ためと、「英語の処理効率がアップする」ためであります。

英語力が中・上級レベルの人には、ともかく海外ドラマ等を、英語音声と英語字幕を使って視聴することを一押し提案しています。英語で音と字を同時に視聴することで、何について喋っているのか100パーセント認識可能にすることが目的です。

 

多彩な機能別場面毎に異なる話題に即した対話劇により英語での会話力を

英語ニュース番組や音楽など多種多様なネタを使ってヒアリング能力をゲットします。

人気の英会話カフェには、できれば多数通いましょう。多くの場合は、1時間3000円程が相場といわれ、それ以外に定期的な会費や初期登録料が必須条件である場所もある。

英会話自体は、海外旅行を心配することなく、かつまた楽しく行くための道具と言えるので、海外旅行で実際に用いる英会話そのものは、さほどたくさんはありません。

アメリカの人々と話をしたりという機会はよくあるが、フィリピン人、インド人、メキシコ人の話す英語など、実際に発音がかなり異なる英語を聞き分けができるということも、必要不可欠な会話能力の因子なのです。

どういう理由で日本の人は、英語の「Get up」や「Sit down」といった語句を、発音を区切って「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」という感じで発音するのか疑問です。この場合なら「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音する方が正しいのだ。

 

英会話を使ったタイムトライアルはすごく重要です

話し方は手短かなものですが、とにかく英語での会話を想像しながら、一瞬で会話ができるようにトレーニングをするのです。

英会話を自分のものにするには、とりあえず最初にグラマーやワードを学ぶ必要が大いにあるが、第一優先したいのは、英語を話すという目標をちゃんと策定し、無意識の内に作ってしまっている精神的障壁を取り去ることがとても大事なのです。

いわゆる英語学習法には、リピーティングメソッド、相手の読んだ内容を終わる前に話すシャドウイング、聞いた内容を理解しつつ書いていく、ディクテーションなどの多くの効果的ラーニング法があるわけですが、まだ初級レベルの者に必需なのは、十分に聞き続けるという方法です。

あのロゼッタストーンでは、一旦翻訳してから考えたり、語句あるいはグラマーを教科書的に単純に暗記するのではなく、日本を出て外国で暮らしているように自ずと海外の言語を体得することができます。

漫画『ドラえもん』の英語版携帯アプリ「ドラえもんイングリッシュコミックス」etc.も作られているから、効果的に使うとすごく大変そうな英語がとっつきやすくなると思います。

一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です