i-Smile|iPod + iTunesを使えば…。

某英会話サービスは、最近大評判のフィリピンの英会話能力をうまく適用したもので、英会話というものを学習したいという日本の方々に英会話を身に付ける機会を低コストで用意しているのです。

i-Smileでも、元々文法自体は勉強する意味があるのか?という水かけ論は頻繁に行われているけれど、私が身にしみて思うのは文法を勉強してさえいれば、英文を解釈するスピードが著しく上向くので、後ですごく便利です。

先人に近道(尽力しないというつもりではなく)を教わるならば、サクサクと実用的に英語の技能を進展させることが可能になると思われます。

誰もが知っている『ドラえもん』の英語学習用の携帯アプリ「ドラえもんイングリッシュコミックス」なんかも発売されているんですよ。だから効率よく使うと意外なほど勉強のイメージだった英語が親近感のあるものになる。

いわゆる英語の勉強をする気があるなら、①何よりもリスニング時間を確保すること、②次に考え方を翻訳を通さず英語で考えるようにする、③学んだことをその状態で保持することが重要だと断言できます。

 

対話したり役を演じて喋ってみたりなど

集団ならではの英語授業の優れた点を用いて、講師の先生方との対話に限らず、たくさんのクラスメイトとの英会話からも実際の英語を学ぶことができます。

BGMを聞くような英語をシャワーのように浴びるだけではリスニングの学力は好転せず、リスニングの力を引き上げるには最終的には何度も繰り返して音読と発音を繰り返すことが必須なのです。

iPod + iTunesを使えば、語学番組も好きな時に自由な場所で英会話レッスンすることができるので、休憩時間などを便利に使えて英語トレーニングを簡単にやり続けられます。

ふつう英会話カフェのユニークさは、英会話スクールの特徴と実際的な英語を使えるカフェが合わさっているところにあり、当たり前ですが、カフェに限った入場も問題ありません。

 

英語に馴染みができてきたら

まず頭で考えて日本語に翻訳しないで、印象で掴むように稽古して下さい。身についてくると読むのも話すのも理解するスピードが圧倒的に速くなります。

英会話学習の際の気持ちの据え方というより、会話を実践する場合の心積もりということになりますが、小さなミスを遠慮せずにどんどん会話する、こうしたスタンスが英会話向上のテクニックです。

意味することは、言いまわしそのものが滞りなく聞き分けできる水準になってくると、文言を一塊で脳裏に積み上げることができるようになれるということです。

英会話における緊張に慣れるためには、「長時間、英会話する場を1回作る」場合に比較して、「時間は短いが、英語で会話するシチュエーションをいっぱい持つ」ことの方が間違いなく優れています。

英語には、いわば特殊な音どうしの相関性があるということを意識していますか?こうしたことを意識していないと、どんなに英語を耳にしても会話を聞き取ることが不可能なのです。

いったいどうして日本の人は、英語で言う「Get up」や「Sit down」という言葉を、そのまま読みの「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」とくっきりと発音するのですか?こういう場合は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発するべきなのだ。

公益社団法人日本工業英語協会

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です